PayPayのチャージに便利なヤフーカード。支払い方法の設定で損していませんか?

以前、ヤフーカードの作成について記事にしました。

ヤフーカードを作成して、期間限定Tポイント10,000円分をもらうまでは前回の記事で紹介した通りでOKでした。我が家は以下の通り、Amazonギフト券15円分を3回に分けて購入しただけで、10,000円分のTポイントを獲得出来ました。

この後、PayPayのチャージの為にヤフーカードを使い続けたのが落とし穴がありました。

自動リボ払い?

先ほどの支払い明細を見た方で勘の良い方はお気づきかもしれません。支払い区分がリボになっていることに。

リボ払いと言えば、支払時に元金+年率18%の手数料を払わないといけないのでほっておくと請求額が高額になる恐ろしい支払い方法。その月の支払額は少なくなるかもしれませんが、支払わなくてはいけない金額が多くなるので、カード会社が儲かるようにできている仕組みです。

リボ払いに設定した記憶は全くないので、なぜだろうと調べてみました。

恐らく、Tポイントがもらえる別のキャンペーンで自動リボを選択していたようです。

1回払いで支払っていたつもりでも自動的にリボ払いになってしまうので、好ましくない状態です。急いで自動リボの設定を解除しましょう。

スポンサーリンク

自動リボ解除方法

ヤフーカードのカード会員サービスメニューに「自動リボの登録・解除」という部分があるのでクリックします。

その後、自動リボの詳細を確認し登録中になっていれば、「解除する」を選択し、「確認画面へ」をクリックします。内容の確認をして問題が無ければ、「申し込む」をクリックすると、自動リボ払いが解除されます。

登録されているメールアドレスに解除の旨のメールも届くのでそちらも確認してみてください。

これで、支払い時に「リボ払い」を指定しない限りリボ払いにならないので安心です。

既にリボ払い済みの場合

私のように、リボ払いになっていたことに気付かずカードを使ってしまった場合どうすればいいのか。

方法は2つあります。

リボお支払いコースの変更

ヤフーカードでは初期設定でリボ支払いコースが5,000円になっています。これは、1月の返済額が5,000円までになるというものですので、それ以上の支払いがあると翌月の支払いに回されてしまいます。

5,000円はあっという間だと思うので、使用した金額より多い金額に設定変更しておきましょう。

先ほどの、カード会員サービスメニューに「リボお支払いコースの変更」がありますので、そちらから手続きします。

すでに、50,000円に変更後の画像ですが、ここで手続き可能です。毎月10日の22時までに手続きをすると当月の請求から適用になります。

リボ残高おまとめ支払い

たぶん、こちらの方が有効な手です。現在の支払い残高をまとめて翌月に一括で支払うという手続きです。

私もPayPayにチャージした残高があったので急いでおまとめ支払い指定しました。

今回はそこまで高額なチャージをしていないのでダメージは数百円で済みそうですが気づかずに使い続けたらPayPayでキャッシュバックされた残高以上に手数料を支払うことになっていたので、危ないところでした。

スポンサーリンク

まとめ

ヤフーカードの自動リボ払いのキャンペーンはTポイントがもらえたりするので一見お得に見えますが、設定をそのままにして使い続けると損することになります。

ヤフーカードに限らず、リボ払いは最終的な支払額が増えるので注意が必要です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

当ブログは人気ブログランキングに参加しています。

↓をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

ところで、私が1年に何回も旅行に行っている理由。それは陸マイラーです。

陸マイラーはポイントサイトでポイントを貯める「ポイ活」の1種で飛行機に乗らずにマイルを貯めている人のこと。

「ポイ活」なんて怪しいとか難しそうというのが第一印象だと思いますが、やってみると簡単で1年間に10万マイル程度は誰でも貯められると思います。

マイルに交換しなくても現金化や他のポイントにも交換できるので、やってみて損はないと思います。

ちなみに私は「モッピー」というサイトをメインで使っています。

気になった方は↓の記事を読んでみてくださいね☆

 

コメント

この記事を書いた人
bellmiler

子育てと仕事の合間に発生するスキマ時間でポイ活&IPOを行っています。2016年にANA SFCを取得し渡航国数は18か国になりました。

bellmilerをフォローする