ANAが2020年の新規就航空港発表

2020年のサマーダイヤよりANAが新規就航する空港を発表しました。いずれも2020年3月29日(日)からの羽田空港の昼間時間帯における国際線発着枠拡大によるもので羽田空港からの就航になります。

新規就航都市は

今回新規就航になる都市は5都市です。

No国名都市名
1中国深圳
2ロシアモスクワ
3イタリアミラノ
4トルコイスタンブール
5スウェーデンストックホルム

深圳、イスタンブール、ストックホルムは、日本のエアラインとして初就航の都市です。

いずれの都市もサマーダイヤ中に就航ということだけが発表になりましたので、時期については別途発表になります。

それではANAが所属しているスターアライアンスという観点で1つずつ見てみましょう。

スポンサーリンク

深圳

深圳宝安国際空港(SZX)には中国国際航空やアシアナ航空が乗り入れているので、経由便であれば現在もANAマイルで訪れることができました。

ANAが就航することで直行便で訪れることができるようになります。

中国南方航空が成田(NRT)や関西(KIX)から就航しているのでスターアライアンスにこだわらなければ、現在も直行便で訪れることができます。

モスクワ

ロシアの首都モスクワのドモジェドヴォ空港(DME)はアシアナ航空、エーゲ航空、シンガポール航空、スイスインターナショナルエアラインズ、ルフトハンザドイツ航空、オーストリア航空、エチオピア航空などが乗り入れており、経由便であれば 現在もANAマイルで訪れることができました。

JALがすでに就航しており、ANAもようやくモスクワへの直行便が開設されることになります。

ビジネス客だけじゃなく、観光にも訪れたいですね。

ミラノ

イタリア北部の町、ミラノのマルペンサ空港(MXP)は中国国際航空、アリタリア航空、ルフトハンザドイツ航空、ブリュッセル航空、スイスインターナショナルエアラインズなどが乗り入れており、経由便であれば 現在もANAマイルで訪れることができました。

日本からの直行便は無いのでミラノへの直行便はとても喜ばしいですね。

ミラノの観光は人気があるのでマイルで予約を取るのは難しそうな気がします。

イスタンブール

トルコの首都イスタンブールのイスタンブール空港(IST)は2018年10月29日に開港した新しい空港です。
ターキッシュエアラインズが成田から就航しているのでマイルでも訪れることができましたが、ANAの就航でより訪れやすくなりますね。

新しい空港なのでラウンジもきれいだと思いますし、空港探検も楽しめるでしょう。

ストックホルム

スウェーデンの首都ストックホルムのアーランダ空港(ARN)へは中国国際航空やタイ国際航空、スイスインターナショナルエアラインズ、ルフトハンザドイツ航空などが乗り入れている為、経由便であればANAマイルでも訪れることができました。

しかし、ANAが就航することで日本からスウェーデンへの初の直行便ができることになります。

北欧への直行便はフィンエアがフィンランドの首都ヘルシンキへ、スカンジナビア航空がデンマークの首都コペンハーゲンへ就航していますが、それに次ぎ3都市目の直行便になります。

まとめ

新規就航日は未発表ですが、個人的にはとても楽しみな就航先となりました。

初便に乗ると記念品ももらえるので今後の動向を見守っていこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

当ブログは人気ブログランキングに参加しています。

↓をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

ところで、私が1年に何回も旅行に行っている理由。それは陸マイラーです。

陸マイラーはポイントサイトでポイントを貯める「ポイ活」の1種で飛行機に乗らずにマイルを貯めている人のこと。

「ポイ活」なんて怪しいとか難しそうというのが第一印象だと思いますが、やってみると簡単で1年間に10万マイル程度は誰でも貯められると思います。

マイルに交換しなくても現金化や他のポイントにも交換できるので、やってみて損はないと思います。

ちなみに私は「モッピー」というサイトをメインで使っています。

気になった方は↓の記事を読んでみてくださいね☆

 

ANA
スポンサーリンク
bellmilerをフォローする
スキマイルのススメ

コメント

この記事を書いた人
bellmiler

子育てと仕事の合間に発生するスキマ時間でポイ活&IPOを行っています。2016年にANA SFCを取得し渡航国数は18か国になりました。

bellmilerをフォローする