ANA国内線はどの運賃が得なのか

航空券を購入するときに色々な運賃種別がありどれを購入すればよいのか悩んだ経験はありませんか?しかも、ネーミングが航空会社ごとに分かれており、慣れていないと分かりにくいですよね。そんな悩みを解決すべく、まずはANA国内線の運賃について解説したいと思います。

ANA運賃の種類

2018年の冬ダイヤからリニューアルされたANAの主な国内線運賃は以下の様に分かれています。

プレミアムクラス

運賃名販売期限予約変更マイル積算率
ANA SUPER VALUE PREMIUM 28搭乗28日前× 125%
ANA VALUE PREMIUM 3搭乗3日前× 125%
プレミアム運賃当日 150%

普通席

運賃名販売期限予約変更マイル積算率
ANA SUPER VALUE 75搭乗75日前×75%
ANA SUPER VALUE 55搭乗55日前×75%
ANA SUPER VALUE 45搭乗45日前×75%
ANA SUPER VALUE 28搭乗28日前×75%
ANA SUPER VALUE 21搭乗21日前×75%
ANA VALUE 3搭乗3日前×75%
ANA VALUE 1搭乗前日×75%
ANA FLEX当日100%
ANA SUPER VALUE EARLY355日前~   運航ダイヤ確定まで×75%
ANA SUPER VALUE SALE期間限定×50%
スポンサーリンク

お得な運賃とは

価格重視の方は「ANA SUPER VALUE SALE」と呼ばれるタイムセール運賃が一番安くおススメです。しかし、販売・搭乗期間と搭乗便が限られてしまうので搭乗したい時期に販売されていればラッキーと考えるとよいでしょう。ちなみに、2018冬ダイヤの時に購入しましたが、プレミアムメンバー先行発売の時点で私が狙っていた日程は売り切れるほど人気の運賃です。購入を検討している方は発売日を調べておくとよいでしょう。

確実に予約をしたい場合は、「ANA SUPER VALUE EARLY」がよいでしょう。355日前から予約できる運賃なので、高確率で希望日程の予約が取れる反面、他の割引運賃より価格が高くなるのがデメリットです。搭乗55日前までは取り消し手数料がかからないので、GWや夏休み、お正月などの人気の日程でとりあえず予約をしておくという場合には良いかもしれません。

※2019年10月27日追記

これまで他の割引運賃より高かったANA SUPER VALUE EARLYですが、かなり安くなってきました。

例えば、2020年8月の沖縄行きが10,210円で購入できます。土曜日なのにこの運賃は安いですね!

繰り返しになりますが、搭乗55日前までは取り消し手数料がかからないので、興味がある方は予約しておいてもいいかもしれません。探せばお得な運賃が見つかると思いますよ!

現実的に一番利用しやすいのが「ANA SUPER VALUE 75」です。予約変更不可なので仕事などの急な予定変更に対応できないのが難点ですが、ANA SUPER VALUE SALEの次に安い運賃です。

SFC・ダイヤモンド修行のようにプレミアムポイント(PP)単価を考えるのであれば、2018年まではプレミアムクラスの利用がPP単価が6円台と一番オススメでした。しかし、2019年からはプレミアムクラスの価格が予想以上に高騰しており、単価で考えると必ずしもお得とは言えない状況が発生しています。「ANA SUPER VALUE 75」でもPP単価が6円台になるケースもあるので、修行前に分析が必要ですね! 修行については別途まとめたいと思います。

スポンサーリンク

運賃適用基準日

航空券の運賃は時期や残席数に応じて変動があります。発券日主義という考え方があり、飛行機の運賃は予約時ではなく、航空券を発券した日=購入日の運賃になります。

例1) 予約日に 10,000円だった運賃が購入日に11,000円に変更

⇒購入日の11,000円が適用

例2) 予約日に 11,000円だった運賃が購入日に10,000円に変更

⇒購入日の10,000円が適用

但し、以下の決済方法の場合予約時に案内された運賃が適用になります。

  • コンビニ支払をご利用で払込票を印刷して、支払う場合
  • ネット振込をご利用で、各金融機関ダイレクトでの振込手続きを行う場合
  • 銀行振込をご利用の場合(Pay-easyATM収納除く)

運賃は毎日0時に見直されますが、基本的に値段が下がることはないと思いますので、速やかに購入した方がよいでしょう。

飛行機にタダで乗る

ご存知の方も多いと思いますが、マイレージを貯めれば飛行機にタダで乗ることもできます。マイレージは飛行機に乗ることで貯めることができますが、割引運賃で搭乗しているとマイル積算率が75%だったりするのでなかなかマイルが貯まりません。

そんな時におススメなのが陸マイラーです。クレジットカードでお買い物をしてマイルを貯めるのではなく、ポイントサイトを活用することで簡単にマイルと貯めることができます。

ANAマイルは購入もできる

ちょっとした裏技になりますが、ANAのマイルは購入することもできます。国際線のビジネスクラスのように高価な運賃を通常予約するよりはマイルを購入して予約した方が安くなるケースが多いです。

マイルを利用して飛行機を予約する場合、マイルで予約できる座席数は限りがあるのでご注意ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

当ブログは人気ブログランキングに参加しています。

↓をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

ところで、私が1年に何回も旅行に行っている理由。それは陸マイラーです。

陸マイラーはポイントサイトでポイントを貯める「ポイ活」の1種で飛行機に乗らずにマイルを貯めている人のこと。

「ポイ活」なんて怪しいとか難しそうというのが第一印象だと思いますが、やってみると簡単で1年間に10万マイル程度は誰でも貯められると思います。

マイルに交換しなくても現金化や他のポイントにも交換できるので、やってみて損はないと思います。

ちなみに私は「モッピー」というサイトをメインで使っています。

気になった方は↓の記事を読んでみてくださいね☆

 

ANA
スポンサーリンク
bellmilerをフォローする
スキマイルのススメ

コメント

この記事を書いた人
bellmiler

子育てと仕事の合間に発生するスキマ時間でポイ活&IPOを行っています。2016年にANA SFCを取得し渡航国数は18か国になりました。

bellmilerをフォローする