星野リゾートトマム0歳子連れ旅行No.2トマムザタワー到着編

星野リゾートトマムへ0歳の娘と旅行した旅行記の2回目です。前回の記事はこちらから。

いざ北の大地へ

2018年9月27日。娘の飛行機デビューの日。6時台のフライトということもあり、車で羽田空港へ。この時間だと駐車場もあっさり停められます。この日はAIR DOだったため、ANAラウンジではなくPOWER LOUNGE NORTHへ。朝はクロワッサンがいただけるので大人たちは朝ごはんにしました。車の中では寝ていた8か月になったばかりの娘はさすがに眠そうでしたがあえて起こしておきました。飛行機の中で寝てもらうための作戦です。

優先搭乗をしてドアクローズを確認してから授乳するのが良いと妻が調べていたので実践しましたが、ちょうど離陸のあたりでぐっすりと眠ってしまいました。そのまま新千歳空港に着陸するまで寝ていてくれたのでとても楽でした。

新千歳空港に到着後は、ピョンチャンオリンピックで女子カーリングチームがもぐもぐタイムに食べていて話題となった赤いサイロが売っていないか空港内をウロウロしようと思っていましたが、北海道胆振東部地震発生の3週間後ということもあり、営業しているお店が少なかったので断念しました。というか、ニュースで見たときは行けるのか不安になりましたが千歳の復旧は早かったですね。その後はワールドネットレンタカーさんで予約していたレンタカーを借りました。楽天スーパーセールの時に予約したのでコンパクトカーが3日間で6830円!いったいどんな車が来るのかと思っていましたがシエンタでした。チャイルドシートをつけてもスーツケースも楽々搭載できて快適でした!

旭山動物園

この日、最初の目的地は旭山動物園です。そんなら旭川空港の方が近かったんじゃというツッコミが聞こえてきそうですが、旭川行きの便が混んでいたのでやむを得ず千歳便でした。まぁ、ドライブということで。。新千歳空港から車で2時間30分程度で旭山動物園へ。

私はベネフィット・ワンという福利厚生が使えるので、年間パスポートを事前購入していました。通常の入場料が820円に対しベネフィット・ワンで旭山動物園の年間パスポートを購入すると500円。もう一回行けるかわかりませんがお得でした!

入園後すぐに昼食を取り園内を回ります。

我が家の抱っこひもは前向き抱っこができないタイプのため動物の前に行くたびに娘を抱っこすることに。 8か月とはいえ9キロ近くあったので重かったですが、娘は楽しんでいたのでよかったです。特にカバの泳ぐ姿を見て大興奮でした。

一通り見て回っている間に娘は寝てしまいました。最後にライオンだったのですがその前にギブアップでした。。なので、お土産でカバのぬいぐるみを購入しました。目が覚めた後も車の中でぬいぐるみを見てはしゃいでいたので買ってよかったです!

四季彩の丘

旭山動物園からは目的地のトマムへ直行する予定でしたが時間が早かったため、美瑛町にある四季彩の丘に立ち寄りました。きれいなお花畑だったので立ち寄ってよかったですが、9月下旬の北海道は寒く雨も降りそうだったので早々に退散となりました。

トマムザタワー

いよいよ、本日の目的地である星野リゾートトマムザタワーに到着です。平日とはいえ駐車場がびっしりと埋まる人気ぶり。雨も降ってきたので早々にチェックインしお部屋へ。あ、チェックイン時にフロントでおむつ(メリーズ)をいただきました。滞在中は何度でも貰いに行けるので子連れにやさしいですね。

今日から2泊するお部屋はファミリーツイン。リクエストしておいたのでソフトブロックなどのおもちゃ、おしりふきやボディーソープといったアメニティ、子供用のイスが事前にお部屋に置かれていました。また、ゲレンデ側のお部屋だったので毎日開催される花火がよく見えそうと期待が高まります。

ビュッフェダイニングhal-ハル-

夕食は事前に予約をしていたビュッフェダイニングhal-ハル-へ行きました。予約なしでも入れましたが、私たちが帰るころには入場規制がかかっていたので予約していくのがベストだと思います。(予約なしで突撃する場合は、部屋のテレビやWebでリアルタイム混雑情報を確認するのがベストです)ハルのコンセプトはカニ×サーモンということで海鮮に力を入れています。そもそも北海道に行くことにした理由は海鮮が食べたいからでした!ということで期待いっぱいでいざ出発。

とはいうものの、私たちが宿泊しているザ・タワーから5分くらい歩きます。ホテル内で循環バスも走っているのですが待っているより歩いた方が早いということで徒歩で移動。到着後、席に案内され離乳食の説明を受けます。オーダーシートの注文したい料理に丸を付けるだけなので簡単です。で、オーダーした離乳食がこちら。

思った以上に豪華でした。この日はチキントマトシチューとおかゆ、3種のフルーツジュレをオーダー。離乳食を始めたばかりの娘には多すぎたので半分は私が食べましたがおいしかったです。大人のご飯はこちら。

食べることに夢中で写真をこれしかとっていなかったので分かりづらいですが、カニ汁、 蟹と牛肉の鉄板焼き、サーモンといくらの親子手巻き寿司がメインということもありそればっかり食べてました。そしてデザートはこちらの雲海パフェ。

綿あめ食べたのはいつ以来だろうと思いながら2つほどペロリと。甘すぎずおいしかったです。

トマムには雲海テラスという名物スポットがあります。なので雲海パフェが名物になっています。自分で取りに行かなくても雲海パフェは配膳してもらえるサービスがありました。

お部屋に戻ってからはテレビで雲海予報を確認します。星野リゾートトマムでは専用チャンネルで翌日の雲海発生確率を確認できるようになっています。翌日は30%とあまり高くはありませんでしたが、期待を込めてこの日は早めの就寝となりました。

つづく

コメント

この記事を書いた人
bellmiler

子育てと仕事の合間に発生するスキマ時間でポイ活&IPOを行っています。2016年にANA SFCを取得し渡航国数は18か国になりました。

bellmilerをフォローする